アイキララは目の下のクマにも効く?頑固な茶クマにも効果アリ?

アイキララを使ってみたいと思う人は目の下に悩みを持っている女性が多いですね。

 

目の下の悩みって、どんなものがあると思いますか?

 

しわ・たるみ・ハリや弾力の無さ・くぼみ…そしてクマですね!

 

クマ 

 

目の下が暗くパンダのようになっていると、疲れたような印象を与えてしまうばかりか、実際の年齢よりも老けて見られてしまいます。

 

ところで目の下のクマって、どうしてできてしまうのでしょうか?

 

その原因はいくつかありますまが、原因によってクマの色が違ってくるという特徴があります。

 

クマ対策としてアイキララを塗ることは有効なのか?と言いますと、殆どのクマにはかなり効果を期待できると言えるでしょう!

 

クマの種類や状況によっては改善するまでに時間がかかるかもしれませんが、トライする価値はあると思います(^^)

 

クマ 

 

ただし、アイキララでも効果が期待できないクマもあるんです☆

 

それはどんなクマなのか?クマの原因と共に解説していきたいと思います。

アイキララが効くクマはどんなクマ?種類は4つ!その原因は?

まず目の下のクマには4種類あると言われています。

 

それぞれの特徴を簡単にご紹介しますね。

 

 

  • 青クマ

青クマ

目の下が青っぽく見えるクマで、原因は皮膚が薄いことから下の毛細血管が透けて見えてしまうからです。

 

生まれつき皮膚が薄い人は子供の頃から目の下に青クマが出ていることがあります。

 

また大人になって出てきた場合は、血行不良や寝不足、疲労の蓄積、眼精疲労などが考えられます。

 

 

 

 

  • 黒クマ

黒クマ

目の下が黒っぽく見えるクマで、目の下の皮膚がたるんでいて影ができて黒く見えることが原因です。

 

目の下のたるみを改善すれば影も無くなるので、クマも改善します。

 

加齢による皮膚のたるみや筋肉の衰えによって作れるので、目の下のハリが無くなってしわができてきたら要注意です☆

 

 

  • 赤クマ

赤クマ

目の下がうっすらと赤く腫れたように見えるクマで、目の下の脂肪が前にせり出した際に一緒に筋肉も飛び出してしまうことが原因です。

 

黒クマと似たような感じですが、飛び出した筋肉が透けて見えることから、筋肉の色が赤く透けて見えている状態です。

 

加齢によるたるみが原因と言われていますが、眼精疲労や血行不良によって血流が悪くなって赤クマができることも。

 

 

  • 茶クマ

茶クマ

目の下が茶色く見えるクマですが、目の下だけではなく目の周り全体が茶色くなることもあります。

 

原因は色素沈着です。

 

これは紫外線だけではなく、クレンジングや洗顔などで目元を擦り過ぎても起きる現象です。

 

アトビー性皮膚炎の方は、目元に痒みが出ることが多いので、無意識に掻きむしってしまいその刺激から色素沈着を起こすこともあります。

 

 

この中でアイキララの効果が期待できるのは、青くま・黒クマ・赤クマです。

 

残念ながら茶クマにはあまり効果がないと言われているんですね。

アイキララは茶クマには効かない!?その理由とは?

同じクマなのに、どうしてアイキララは茶クマには効果がないのでしょうか?

 

アイキララ 

 

まずアイキララには美白効果がないという点です。

 

色素沈着というのは、簡単に言ってしまうとシミのことですよね?

 

アイキララには痩せた目の下をふっくらさせたり、乾燥して小じわができてしまった目元を潤す働きはありますが、美白効果はないんです。

 

コスメで色素沈着を完全に改善するというのは、かなり難しいことです。

 

美容皮膚科でレーザーを施すくらい専門的な治療をしないと、完璧に消すことは難しいですね。

 

目の下のクマの色は黒なのか?茶色なのか?実は見極めが難しかったりします。

 

アイキララを何か月も使っているのにクマが改善しない場合、あなたのクマは茶クマかもしれませんよ。

 

また、青クマ・黒クマ・赤クマを放置してしまうと、紫外線がクマの部分に反応して、茶クマに変化してしまうこともあるんです。

 

色素沈着 

 

目の下にクマができたらすぐに対処する、UVケアもしっかりするのが鉄則です。

 

ご自身でクマの判定が難しいようでしたら、皮膚科などの専門医に相談してみるのもオススメです(^_-)-☆

 

 

 

アイキララの購入はコチラから♪⇒モニターの80%がその効果を実感!『アイキララ』