アテニアのアイエクストラセラムは評判通りの使用感!私の体験談♪

アテニアのアイエクストラセラムは私の友人が愛用していて、とても気になってしまったアイクリームです。

 

アイエクストラセラム 

 

友人のは昔、アトピーに悩まされていて、目の周りをカサカサにしていた時代を私も知っているんです。

 

幸い薬が効いたようで、今は昔と見違えるくらいお肌はキレイになりましたし、辛そうだった痒みもほとんど出ていないようです。

 

ただ、目の周りはダメージが大きかったのか、しばらく皮膚がカサカサと皮が剥けていましたし、目の下もハリを失ってしわしわになっていました。

 

そんな彼女がアテニアのアイエクストラセラムを使い始めてからハリを取り戻し、見違えるくらい綺麗な目元になったんです♪

 

私は特に敏感肌というわけではありませんが、年齢による目元の乾燥とハリ不足を感じていました。

 

アイエクストラセラム 

 

若い頃のような目の下のハリを取り戻したい!…というわけで、アテニアのアイエクストラセラムを使い始めました。

 

最初の1本は友人がプレゼントしてくれたものですが、気に入ったら2本目からは自分で買うということで(^^)

 

アイクリームは人によって合う・合わないことがあるのでちょっと心配でしたが、口コミでの評判通りの使用感でしたよ!

 

※アテニア アイエクストラセラムは2018年10月にパッケージがリニューアルしました。

 

アテニアのアイエクストラセラムを初めて使った時の使用感

今までにも色々なブランドや様々なタイプのアイクリームを使ってきた私ですが、ちょっとびっくりしたのはアイエクストラセラムのテクスチャの色です。

 

ほんのり黄色い!

 

アイエクストラセラム 

 

アイクリームって一般的に白じゃないですか!?

 

テクスチャ自体はこっくりと濃厚で、目元にしっかり密着する感じがあります。

 

人によったらこのこっくり感が伸ばしにくいと感じるかもしれませんが、私はむしろピタっと皮膚にくっつく感じがして好きですね。

 

お肌への馴染みもいいし、浸透力も悪くないです(^^)

 

目元をきちんとケアしているという実感が持てる使用感でした。

 

肝心の目元への効果ですが、アイエクストラセラムを塗った翌日からしっとり感はありました。

 

でも、すぐに目の下のしわが改善したとか、ハリが出たというわけではありません。

 

1週間後くらいから徐々に「なんかいいかも♪」という感じがしてきて、ハリが出てきたのは2週間目くらいからだったと思います。

 

口コミで「お肌がふっくらしてきた」という評判をよく目にしていたのですが、まさしくそんな感じがしましたね♪

 

アイエクストラセラム 

 

私の場合、綺麗になった友人を目の当たりにしていたから、アイエクストラセラムの実力を疑いも無く使えたというメリットもあります。

 

やっぱり「これは絶対に効くんだ」と思って使うと、塗っている間はすごくワクワクしますし、前よりも目元を丁寧に扱うようになります。

 

コスメを使う時はワクワクする気持ちって、結構大事だと思いますよ(^^)

アテニアのアイエクストラセラムはベストコスメで評価されました!

アテニアのアイエクストラセラムはアットコスメのベストコスメアワードやVOCEの読者が選ぶベストコスメにも選ばれたアイクリーム。

 

VOCEの口コミでも☆4.4と高評価を得ています。

 

アイエクストラセラム 

 

う~ん…そんなすごいアイクリームの存在を私は長年知らなかったんだな~。

 

友人が使っていなければ、また使っていることを教えてくれなければ、今でも知らなかったのかもしれませんね。

 

アイクリームは毎年新しいものがどんどん発売しています。

 

でもいい物はずっと評価され続けますし、人気が続けば内容もリニューアルされて進化していくでしょう。

 

アイクリームとの出会いは一期一会ですし、自分が気になったのなら一度は使ってみることをオススメしますよ♪

 

アイエクストラセラム 

 

本当にいい物に出会った時って、頭じゃなくて感触で分かります!

 

まず使用感が違うんです。

 

1回使って分かることもありますし、数日使って「これは!」と気がつくこともあります。

 

アイエクストラセラムの場合、私は1回でいい印象を持ちました。

 

結果は後から着いてきたという感じですね。

 

アイクリーム選びに迷ったら、是非一度アイエクストラセラムを手に取ってみてくださいね(^_-)-☆

 

 

 

アテニアのアイエクストラセラムの購入はコチラから♪⇒目もとの悩みに1本で立ち向かう「アテニア アイ エクストラ セラム」